マツゲメリべウミウシ

マツゲメリベウミウシ
マツゲメリベウミウシ(撮影者:沖縄太郎)

名前

マツゲメリベウミウシ
Melibe engeli

観察地

奥武島、なかゆくい、石切、ゴリラチョップ(崎本部)

コメント

 すけっすけの「マツゲメリベウミウシ」。初めて見た時はこんな生き物がいるのかと大変興奮しました。(スケスケだからではありませんよ!!)ほぼ透明で内臓が見えています。白色の小さな突起が点在し、背中はゴジラのごとく大きな突起があります。口をパクパクさせながら必死にプランクトンをほお張る姿はキモ可愛い??たまに体をクネクネさせながら泳ぎ去っていきますが、それを見ると本当にウミウシなのか、と疑ってしまいます。透明な体と言い、必要ないであろう泳力と言い。
 そしてこのメリベちゃんとにかく撮影が難しい!!上の写真は体をくねらせながら泳いでいる途中ですが、まさに奇跡の一枚。ほかは全てボツとなってしまいました😢背景が黒いから良いものの、色があると完全に同化しちゃいます。同化しちゃってます!!
 そんなカメラ泣かせのメリベちゃん。背中の突起が「まつ毛」に見えるから名前に「マツゲ」と入っているのでしょうか。確かにつけまつげに出来そうではありますが・・・。将来的にはツケマとして大量生産されているかもしれませんね。パチパチツーケマツーケーテー

なわけないか!!

マツゲメリベウミウシ
マツゲメリベウミウシ(撮影者:沖縄太郎)

“マツゲメリべウミウシ” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です