ソウシハギ

ソウシハギ
ソウシハギ

名前

ソウシハギ
Aluterus scriptus/Figured leather jacket

観察地

砂辺U.F.O、なかゆくいなど

コメント

 一見カラフルで綺麗な魚に見えますが、水中で見るといかにも危なそうな毒々しい見た目で泳いでいます。お察しの通り「パリトキシン」という猛毒を持つ魚です。名前の由来は体の模様が書物にいたずら書きをしたように見える「草紙剥」説と、海藻に姿を隠しているようにも見える「藻姿剥」説の2つがあります。尻尾が特徴的なのですが、そこが写っていないのが惜しいです。ちなみに内臓以外には毒はないので沖縄では食用とされているとのこと。私は見たことありません。素人が勝手に食べないように、とだけ書いておきます。

ゼブラウツボ

ゼブラウツボ
ゼブラウツボ(沖縄太郎)

名前

ゼブラウツボ
Gymnomuraena zebra

観察地

真栄田岬、なかゆくい、水釜、長浜ビーチなど

コメント

 浅場の岩礁・砂底に生息し、岩の隙間に潜む。茶色の体色に頭から尻尾まで入る横帯が特徴。このことからゼブラ(シマウマ)と名付けられています。ぱっと見ウミヘビとも間違えてしまいますが、毒は持っていません。絨毯のような質感でいつも触ってみたいと思っちゃいます。個人的には結構好きな生き物です。しかしいつも思うのが、ウツボってどうやって撮れば良いんだ??

過去ログ集

なかゆくい スキューバダイビング ログ18
真栄田岬 スキンダイビング ログ56①