リーフカレント

目次

リーフカレントについて
リーフカレントの原理
リーフカレントの判断
 ①地形の確認
 ②白波の確認
 ③潮汐の確認
リーフカレントの対処法
リーフカレント注意先
 ①大度浜海岸 ②恩納ポイント ③備瀬崎
まとめ

リーフカレントについて

 「リーフカレント」はサンゴ礁域で発生する流れのこと。「離岸流」の一種であり、岸から沖に向かって強い流れが発生します。リーフカレントが発生する場所はおおよそ決まっており、予めその発生を予測することが出来ます。流れは強いものから弱いものまで様々ですが、1つ言えるのは、決して侮ってはいけないということ。毎年リーフカレントに巻き込まれる事故が発生しています。正しい知識を身に付けて安全に海を楽しみましょう。
 よく似た言葉で「リップカレント」がありますが、こちらは砂浜などの海岸線で発生します。なお発生条件や対処法はリーフカレントの場合と相違はありません。

リーフカレントの原理

 リーフカレントはサンゴや岩などで形成された「狭水路(リーフギャップ)」と呼ばれる場所で起こります。1番多いパターンが干潮向かいで潮が引く時に狭水路を通り発生するリーフカレントです。詳しくは下図をご覧ください。

リーフカレント満潮向かい
リーフカレント満潮向かい

 満潮に向かう時にリーフの中に海水が入ってきます。この時点ではまだリーフカレントは発生しません。

リーフカレント干潮向かい
リーフカレント干潮向かい

 それが一転、干潮向かいになると海水はリーフの中から出ていきます。この時に狭水路(リーフギャップ)があると、流れがその一か所に収束し強い流れになります。これが「リーフカレント」です。

 しかし注意しないといけないのが、リーフカレントのすべてがこのパターンに当てはまるわけではないということです。例えば満潮向かいにリーフに入った水がそのまま狭水路から流れ出る場合もリーフカレントは発生します。この時、リーフの外の波が高くリーフ内への海水の流入量が多いとかなり強い流れとなることもあります。また、狭水路は(リーフギャップ)確認できなくても海底の一部がくぼんでいる、リーフに切れ目がある場所でもリーフカレントは発生します。

リーフカレントの判断

 リーフカレントは一定の条件がそろえばどこにでも発生します。しかしある程度は予測できるものなので予測のコツをお伝えします。

①地形の確認

 1番判断材料は地形です。大小問わず狭水路(リーフギャップ)や割れ目はないかをしっかり確認します。これは航空写真からも見ることが出来ます。またリーフカレントの発生する場所はおおよそ決まっているのでそちらも確認しておくと良いですね。海上保安庁が情報を出してくれていますので参考にしてください。

②白波の確認

 リーフにうねりが当たって白波が立っている時に、しばしば一部分だけ全く波のない場所があります。そういった場所は狭水路や地形の割れ目になっている場合が多く、リーフカレントが発生している可能性があります。波がないところからエントリーするのは場合によっては避けた方が良いということですね。

③潮汐の確認

 潮汐とは潮の干満のこと。特に干潮向かいの潮が引くときはリーフカレントが発生しやすい時間帯なので注意が必要です。よくリーフカレントが発生する場所では、干潮向かいになる前にダイビングを楽しむ、数か所エグジット場所を確認しておく等対策しておきましょう。

リーフカレントの対処法

 以上で書いてきたようにリーフカレントは偶発的に発しするものではなく、ある程度は予測できるものです。それでも巻き込まれる可能性はゼロではありません。ここではリーフカレントの対処法をご紹介します。

リーフカレントの対処法
リーフカレントの対処法

①流れに垂直に泳いで脱出

 1番基本の脱出方法です。リーフカレント自体、幅はそこまでありませんので流れに対して垂直(流れを横切るよう)に泳げば脱出できます。


②流れが弱い時は流れに逆らって脱出

 流れが弱い場合は頑張って泳ぐことで抜け出すことも出来ます。ただしこの場合時間の経過とともに流れが強くなる可能性があるので注意が必要です。


③浅い時は歩いて脱出

 流れがあっても浅い時は歩いて脱出すると体力も温存できます。柔軟に対応しましょう。


④流されるところまで流されてから戻ってくる

 これは最終手段です。どうにもこうにもならない場合はウエイトを捨てて流れに身を任せ、救助を待つか、流れが途切れたところで岸に向かいます。一体どこまで流されるか分からないうえに、別の流れにつかまる可能性もあります。

リーフカレント注意先

 沖縄ではダイビングポイントでありながらリーフカレントに注意が必要な場所ががいくつかありますので紹介します。

1.大度浜海岸

 リーフカレントと言えばこのポイント。航空写真ではっきりと水路があるのが分かります。その昔船、を通すために切り取られたそうな。満潮向かいでも干潮向かいでもリーフカレントの発生するポイントで、特に大潮の干潮向かいの流れは強烈です。ある程度潮が引いていればリーフを歩いてエントリー・エグジットが可能です。

2.恩納ポイント

 エントリー場所が水路になっており、干潮向かいではリーフカレントが発生します。毎年夏には事故が発生する場所でもあります。スキューバの場合、コース取りがしやすく、サンゴも傷つけずに済むのでこの水路から潜降することが多いですが、干潮向かいの時間帯に潜るのであれば注意が必要です。

3.備瀬崎

 備瀬崎は小島との間に水路があります。潮がある程度満ちている状態だと、干潮向かいでも満潮向かいでもリーフカレントは発生します。シュノーケルのポイントとしてガイドブックにも紹介されていますが時間帯を選んで遊ぶ必要があります。

まとめ

 沖縄でダイビングを楽しむうえでリーフカレントの知識は絶対に必要です。発生場所はあらかじめ予想出来るほか、冷静に対処すればそこまで恐れるものでもありません。過信は禁物ですが、慣れてくると逆に流れを利用することもできます。リーフカレントによる事故の場合でも、明らかに海況が悪い時に発生しているものが多いので、予防の第一歩は無理をしないことにあります。正しい知識と正しい対処法を持って海を楽しむようにしましょう!!

沖縄海況予測ツールまとめ

 私たちダイバーは、さあダイビングに行こう!!という時に闇雲にポイントを選ぶことは決してありません。基本的に判断の基準となるのは風です。陸に向かってくる波を打ち消す方向で風が吹いていると海況は良いと判断できます。ただ、風だけではなかなか完璧に予測できないこともあって、例えば台風が近づいている時は波が高くなるので風はベストでも海況は悪いということがあります。ほかにも海況に影響を与えているのは、波の周期、潮の満ち引き、気圧配置等がありあます。

ということでこの記事では私が普段使っている海況予想ツールの紹介をします。安全に海を楽しむ参考にしてください。

※サイトの埋め込みが出来なかったので、各項目でリンクを張り付けています。

目次

天気予報

tenki.jp

画像のイメージ
tenki.jp

 天気予報は「tenki.jp」が一番見やすいと思います。埋め込みが出来なかったのですが、URLから飛べます。
 大太黒矢印の「検索」からピンポイントで天気予報を調べることが出来ます。スマホの場合も一番上に「検索」スペースがあります。私はスマホのホームに中城村、北谷町、恩納村、本部町、糸満市のそれぞれのショートカットを作っています。沖縄は10km単位で天気が変わるのでこれぐらいで分けるのがちょうどよいぐらいです。
 ちなみに、tenki.jpは「雨雲レーダー」も重宝します。雨雲の予想では15時間先までの予想を見ることが出来ますが、見ている感じだと、信用できるのは8時間後までです。

海況予想

Windy.com

画像のイメージ
Windy.com

 海況を予想する時に最も重宝するのが「Windy.com」。ピンポイントから風向きを出してくれます。台風の発生もいち早く察知してくれる優れものです。ただ、やはり沖縄の天気ですから、1日たって風向きが変わることもしばしば。こればかりは仕方ありません。
 風向きの他にも「波高」「波の周期」「雨雲」「」の予想でも使うことが出来ます。「tenki.jp」でも風向きを見ることが出来ますがwindy.comのほうが正確です。

Windy.comはアプリも出ているのでホーム画面に登録していると便利です。

画像のイメージ
Windy.comのアプリ
画像のイメージ
Windy.comのアプリ

雷予報

ピンポイント雷雨L-GO SEARCH

画像のイメージ
ピンポイント雷雨L-GO SEARCH(気象防災アプリ

 株式会社フランクリンジャパンが提供するこのアプリは位置情報から近い落雷を検知してマップ上に表示してくれます。ただ、私本当に重宝しているのはtwitterで更新されているものです。「フランクリン・ジャパン」で検索するとユーザーの場所に沖縄のものが出てきます。沖縄本島全域を含む恩納岳から100km四方範囲内に雷を検知すると自動更新が始まり、以降20分ごとに更新されます。アメダスで雨雲の動きと一緒に見るとより正確に動きが把握できます。まあ雷が鳴っているような状況ではそもそも海に行くなと思われるかもしれませんが、海にいても役に立ちますから入れておいて損はないと思います。

ちなみに、Windy.comでも雷予報は見れます。

ライブカメラ

 真栄田岬のライブカメラは数年前の台風で一度壊れました。その後ライブカメラが再び設置されたのですが、映らないことが多く、静止画で見る方が確実な状況が続いていました。この記事を書くために改めて動画の方も確認してみたのですが、スムーズに見れます。ただしこれがずっと続くかは分かりません。

砂辺遺跡ポイントのライブカメラ

砂辺遺跡ポイントは砂辺No.1の少し上に位置するします。予想ではなく目で確認できるので、砂辺で潜るときには重宝します。

その他海況予想

 砂辺No.1の海況を毎日写真と海況の判断付きで更新しています。MAXエアーの人が更新しているので3月~10月は7:30頃11月~2月は8:30頃に更新されます。

 サーフィン用の波サイトですが、南部で潜るときはどこの情報よりも頼りになるサイトです。たまに空白期間がありますが、毎日翌日の波予想と当日の波情報を更新しています。波の高さを体の部位で表現してあります。波の見方はいかに記しておきます。

  1. 膝サイズ   海況良い
  2. 膝腰サイズ  多少波はあるがエントリーできる
  3. 腰サイズ   慣れた人ならエントリーできる
  4. 腰胸サイズ  エントリーしない方が無難
  5. それ以上   無理

 潮汐を見る時にいつもお世話になっています。潮汐以外にも潮位、日の出日の入りも確認できます。「潮mieYell week」というアプリも出ていますが、それよりもウェブの方をホーム画面に追加して見ています。

  • しおさいs

 潮汐は「しおさいS」というアプリも使っています。こちらは潮位が視覚的に見れるという点、潮mieYellよりも優れています。アプリはしたにリンクを張っておきます。基本的に潮位の差が大きいほど潮の流れも速くなります。万座毛周辺で潜るときは確認していないと激流になっていることがあります。また石灰岩地形が広がる沖縄は、満潮と干潮では見える地形が全く違います。満潮時は泳いで通れた場所も干潮になると干上がって通れないということも多いですし、干潮になりリーフエッジに波がぶつかるとExが大変ということもあります。ですからそれらを予想するためにも潮汐の確認は欠かせません。ほかにも潮の満ち引きが起こす自然現象に「リップカレント」がありますが、これは後述します。

しおさいS Androidアプリ

しおさいS iOSアプリ

 リップカレントはサンゴ礁域で発生する沖へ向かう強い流れのことです。発生時間帯はほとんどが潮が抜けていく干潮向かいの時間です。発生する場所はおおよそ決まっており、その場所は海上保安庁がまとめているのでそのリンクを張っておきます。

リップカレントの注意海域

画像のイメージ
リップカレント注意海域(海上保安庁)

SNS

instergramやtwitterなどのSNSは使い方によっては海況予想において最強のツールになります。この2つで私がよく見ているものを紹介します。

本部町にあるタンク屋さんです。ゴリラチョップや石切の海況をInstagramにあげています。動画で見れるので冬は重宝します。リンクからinstergramにとべます。

  • 宮城海岸 海況

 こちらもInstergramのストーリーズで毎日海況を更新しています。

  • Odo-Coast

 こちらはTwitterのアカウントです。海況は自分で判断しなければいけませんが、動画で海岸の様子をアップしてくれます。

  • 上手な検索方法

 SNS上の便利なアカウントを紹介しましたが、最後は検索のテクニックです。よく使うのは万座毛周辺の海況を知りたい時です。例えば「万座毛」で検索すると観光客が万座毛の写真を上げているので、その写真から海況を判断できます。南部を知りたい時は「喜屋武岬」。東海岸は「海中道路」など観光客が多い場所で検索すれば海況を知ることが出来ます。注意点としては上がっている写真が当日のものでない場合があるので、そこは見極めが必要です。

まとめ

 ショップを使うと、リクエストを聞いてくれる場合もありますが、基本的にはその日の一番のポイントを決めてくれています。しかしセルフで潜ると海況の判断は自分でしないといけません。海況の良し悪しは海を見れば誰でも出来ますが、実際は風向きだけから予側することがほとんどだと思います。ポイントまで行って潜れないというのは避けたいですから、使えるツールをフル活用して海況を高い確度で予測できると良いですね。結果それが安全なダイビングにつながります。

沖縄ダイビングシーズナリティ

 沖縄のダイビングシールについてまとめました。ダイバー目線で、月別、生き物別でそれぞれ書いています。沖縄訪問の際の参考になれば嬉しいです。

沖縄ダイビングシーズナリティ
沖縄ダイビングシーズナリティ

月別シーズナリティ

3月 

 冬が明け、3月の後半には海開きが始まります。水温はまだまだ冷たいですが、日中の気温は20度を超える日も出てきます。北風の日、朝晩は冷えますので何か羽織れるものを持っていると対応できます。まだ3月と言えど紫外線は侮れません。この時点で北海道の7月と同等の紫外線量があります。(北海道の紫外線量は7月がピーク。)
 二月風廻り(ニンガチカジマーイ)と呼ばれる短周期で風向きが変わる現象が起きます。この時期のダイビングは特に風向きに注意していないと、入っている数十分のうちに海況が激変するということもあります。ダイビングポイントはまだレッドビーチや名護湾などの北風のポイントが多いです。マクロもまだシーズン中。地形ポイントもこのあたりになると太陽が出る日も多いので綺麗に映ります。クジラの歌声も3月いっぱいは聞こえてきます。ウェットスーツは5㎜+フードベストがあれば十分対応できます。

4月

 春も本番。沖縄の桜は2月に咲きますが、その代わり綺麗な海が一面に広がっています。暖かい日は半袖半パンでも問題ないぐらい暖かくなりますが、朝晩は冷えることがあるので薄めの羽織があれば無難です。紫外線は言わずもがな。1時間水着で泳いで皮膚科送りになった友人もいるとかいないとか
 この辺りからは南風の日も少しずつ混じってきます。ダイビングポイントはその日の風向きで決めることが多くなりますが、南部の地形ポイントはいけない日が多くなります。ウェットスーツは5㎜があれば十分対応できます。

5月

 ゴールデンウィークが明けた辺りで沖縄は一足早く梅雨入りします。例年梅雨の時期は6月下旬まで続きます。急な雨やスコールもあるので折り畳み傘は必須です。気温も上がってゆき蒸し暑い日が続きます。
 ダイビングポイントはまだ風が安定しないので日ごとに変わりますが、5月も後半になると南風の日が多くなり、真栄田岬や万座毛周辺などの夏のポイントに行ける確率も高くなります。ウェットスーツは5㎜があれば十分対応できます。

6月

 梅雨が明けると夏本番。この辺りからは半袖半パンでも問題ありません。ただ、紫外線は本当に強いので対策が必要です。この時点で8月の東京と同じ紫外線量になります。(東京の紫外線量は8月ピーク。)
 ダイビングポイントはほとんどが真栄田岬や万座毛周辺の南風のポイントに。残波岬や備瀬崎といった大物ポイントも行ける日が多くなります。しかし梅雨の影響で土砂降りがあったり、連日雨が続いていると透明度が落ちることもあります。ウェットスーツは3㎜でも潜れるようになってきます。

7月

 いよいよ夏本番です。梅雨が明けカラッと冴えわたる空と海の青さは格別です。7月も半袖半パンで問題ありませんがやはり紫外線対策は必須です。台風もまだ少ないですが、世間の夏休みとも被るので飛行機やホテルの料金は徐々に高くなっていきます。
 ダイビングポイントは南風の夏のポイントが中心になります。マクロはほとんど消えていますが、まだ台風も少ない時期なので計画も立てやすいです。ウェットスーツは3㎜で十分対応できます。

8月

 ハイシーズン。とにかく陽射しの強い日が続きますが、沖縄の夏を一番実感できるのは8月です。半袖半パン、島草履で沖縄の町を闊歩しましょう。もちろん紫外線はお忘れなく。一年で一番紫外線量が増えるのが8月です。台風も増えてくるのでタイミングが悪いと足止めを食らいます。
 ダイビングポイントはまだまだ夏のポイント。1年で最も水温が高くなる時期で、水中でも少しぬるいと感じるぐらいです。ウェットスーツは3㎜から対応できます。

9月

 気温はまだまだ夏ですが後半になると北風の日も増えてきます。と言ってもまだまだ気温は高いので北風が涼しく感じる程度。半袖半パンで問題ありませんが紫外線はまだまだ強いので対策が必要です。台風が一番多接近するのは9月です。
 ダイビングポイントはまだ真栄田岬や万座毛周辺の夏のポイントが中心です。しかし10月に入ると飽きが近づくので残波岬や備瀬崎に行けるのは9月いっぱいまで。それ以降は行ける可能性はかなり低いです。ウェットスーツは3㎜で対応できます。

10月

 気温も徐々に下がり始めます。ミーニシ(新しい北風)が吹き始め、次第に冬に向かっていきます。10月までは頻度こそ減りますが、台風がまだやってきます。偏西風の影響で沖縄の下を通っていくと風向きも北風の日が徐々に増えていきます。日中は暖かいですが、朝晩は冷えるようになります。薄めの羽織を持っておくと無難です。ここに来て紫外線量は沖縄の3月、北海道の7月と同等になります。
 ダイビングポイントはレッドビーチや名護湾などの北風のポイントが多くなります。行ける可能性はまだ低いですが、太陽がまだ顔を出している時期なので南部の地形ポイントは綺麗に映ります。ウェットスーツはそろそろ5㎜が必要になってきます。

11月

気温こそ最高で24度まで上がりますが、北風が吹くと体感気温は低くなります。薄めの羽織よりかはパーカーを持っている方が安心です。台風シーズンも終わり、雨も少なく過ごしやすい日々が続きます。
 ダイビングポイントはレッドビーチや名護湾などの北風のポイントがメインになり、ウミウシも出てきます。ウェットスーツは5㎜があれば安心です。

12月

 沖縄の12月は気候的には秋です。本格的に北風が吹き始めると風速に驚く方もいると思います。基本長袖にパーカーで大丈夫ですが、時にグッと下がる時があるので、その時はインナーを充実させて対策しましょう。
 ダイビングポイントはレッドビーチや名護湾などの北風のポイントがメインです。マクロも充実してくるのでそれを狙うダイバーが多く訪れます。ウェットスーツは5㎜があれば大丈夫ですが、フードベストがあると便利です。

1月

 年が明けると沖縄も冬真っ盛り。1年で一番寒い月になります。強い北風が吹き、海も荒れた日が多くなります。羽織るものは風を通さないアウターがベストです。天気もすぐれない日が多くなりますが、おおよそこの時期に沖縄に来るダイバーはマクロ狙いなので問題ないかなと。南部の地形ポイントがハイシーズンを迎えますが、天気が微妙な日が多いので結局一番綺麗な時期は10月・11月・3月辺りです。1月ごろからクジラの歌声が聞こえてきます。冬の方が透明度が良いとよく言われますが、個人的にはそんなに変わらないんじゃないかという印象を持っています。夏のポイントは夏良いし、冬のポイントは冬良いです。ウェットスーツは5㎜+フードベストが必須です。

2月

 まだまだ寒い沖縄ですが、1月下旬から2月の上旬にかけて一足早く桜が咲きます。相変わらず北風は強いので羽織るなら風を通さないものがおすすめです。沖縄の寒さは強い北風によるところが大きいです。
 ダイビングポイントはレッドビーチや名護湾などの北風のポイントがメインです。まだまだウミウシなどのマクロが充実している時期ですが、水温が一番下がるのは2月なのでじっとしているめちゃくちゃ冷えます。陸でもボートコートを持っていないと耐えられま せん。クジラの歌声はまだまだ聞こえます。ウェットスーツは5㎜+フードベストが必須です

生き物別シーズナリティ

ギンガメアジ(粟国)

 4月ごろから粟国島の「筆ん崎」というポイントに「ギンガメアジ」がやってきます。数千匹のギンガメアジが玉となり、そこにイソマグロやロウニンアジがアタックしてきます。ほかにもナポレオンフィッシュなどの大型回遊魚も見れるポイント。5~6月が最も遭遇率が高くなると言われています。大物はたくさん見れますが、流れが速いため中上級者向けのダイビングとなります。

マンタ(石垣島)

 マンタと言えば石垣島!!石垣島周辺では年中マンタがいるのですが、海のコンディションや風向きの関係からシーズンは夏となっています。特に9月ごろはマンタの数が最盛期を迎え、多い時では10~20枚ものマンタが舞うそうです。西表島と小浜島の間にある「ヨナラ水道」も有名ですが、こちらは最大水深30m、ドリフトスタイルの中上級者向けのダイビングになります。

宮古島の地形

 マンタと入れ替わりでやってくるのが宮古島。宮古島三大地形ポイントと呼ばれる「アントニオ・ガウディ」「通り池」「魔王の宮殿」は全て冬(北風)のポイントになります。しかし定番は冬なだけで夏は夏で楽しい地形ポイントもいくつかあります。

ハンマーヘッドシャーク(与那国島)

 「海底遺跡」でも有名な与那国島は冬になると「ハンマーヘッドシャーク」の群れが現れます。沖縄と言えど真冬なので陸上での防寒対策はしっかりしないといけませんが、辺り一面のハンマーの群れに寒さなんてどうでもよくなること間違いなし。水深が70mあるような海の中層を泳ぐのである程度の経験が必要になります。

ザトウクジラ(本島周辺)

 沖縄本島周辺では1月から3月いっぱいまで「ザトウクジラ」が現れます。この季節になると、潜っている途中でクジラの歌声が聞こえます。船に乗って「ホエールウォッチング」が出来ますが、最近はクジラと一緒に泳ぐ「ホエールスイム」も開催されています。会える確率もほぼ100%、出会えなければ全額返金している業者もあるぐらいです。海の中でクジラに会うのはダイバーの憧れですね!!

ウミガメの産卵

 沖縄には「アオウミガメ」「アカウミガメ」「タイマイ」の3種類のウミガメが住んでいます。ウミガメ自体は年中会えますが、本島周辺だとアオウミガメが圧倒的に多いです。産卵のシーズンは5月~8月で沖縄本島の幅広いエリアで産卵が確認されています。

ジンベイザメ(読谷村)

 読谷村は都屋漁港から出る船が「ジンベイザメ」の生簀ポイントへ案内しています。シュノーケル、スキューバの両方で年中会うことが出来ます。それが面倒な方は美ら海水族館へどうぞ。

サンゴの産卵

 サンゴの産卵は種類によってシーズンが幅広いです。よくニュースになるのはミドリイシ系のサンゴで、5月中旬から6月の満月周辺で産卵があります。南の石垣島や宮古島のサンゴの方が早く産卵するので、その情報をチェックしていれば狙って見に行くことが出来ます。またサンゴの産卵ツアーを開催しているショップは毎年産卵の予想日程を出しているのでそれを参考にするのもありですね。

ウミウシ

 夏になると海水温が28度にまで上がる沖縄は、ウミウシの数は圧倒的に冬が多いです。沖縄本島では名護湾、レッドビーチ、天願などがウミウシポイントとして有名です。陸は北風で寒くとも海の中は生き物で激熱になります。