コナユキツバメガイ

コナユキツバメガイ
コナユキツバメガイ(撮影者:沖縄太郎、奥武島)

名前

コナユキツバメガイ
Chelidonura amoena

観察地

奥武島、レッドビーチ、ホ―シュー、砂辺浄水場など

コメント

 体色は半透明の白色から黄白色。背面が黒色を帯びるが、頭部と腹面、尾は黒くならない。
体表全体に白色の点々が入る。この模様が粉雪に見えることから名づけられた、と思う。可愛い名前をもらっていますが、何とも地味で、ホワイトクリスマスとでも言いたいところですが、それほどのロマンチックさはないです。奥武島や大度浜海岸では大量発生しているのを見たことがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です