シノビイロウミウシ

シノビイロウミウシ
クチナシイロウミウシ(沖縄太郎、奥武島)

名前

シノビイロウミウシ
Thorunna furtiva

観察地

奥武島、なかゆくい、ホ―シュー

コメント

 体色は白色。外縁はオレンジ色で縁取られます。触角と二次鰓は縦にオレンジ色の線が入る。ホイップクリームのようなふんわりした二次鰓は職人技です。二次鰓だけ切り取ってケーキに乗せても違和感無さそう。もちろんそんなことはしませんが、ふんわり感は素人がケーキを作る際には参考になるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です