ヤシャハゼ

ヤシャハゼ(沖縄太郎)
ヤシャハゼとコトブキテッポウエビ(沖縄太郎)

名前

ヤシャハゼ
Stonogobiops yasha

観察地 

石切、真栄田岬、など

コメント

 紅白模様が特徴的な「ヤシャハゼ」。カメラの被写体としても人気の種です。夜叉というカッコいい名前をいただいていますが、和名の由来は頭部の朱赤色斑が夜叉の化粧に似ているところから。写真の個体は夜叉感が足りませんね。しかしほかの方の写真を見ていると確かに夜叉だ。今まで気づかなかったなあ。「ヒレナガネジリンボウ」と同じくコトブキテッポウエビと共生するハゼです。ヤシャハゼ同士のペアで見かけることも多いです。ハタ立っている系のハゼでは「ヒレナガネジリンボウ」と同じくポピュラーな部類に入ります。この2種で双璧を成しているイメージ。

“ヤシャハゼ” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です