ハナゴンべ

ハナゴンべ
ハナゴンべ

名前

ハナゴンべ
Serranocirrhitus latus

観察地

恩納ポイント、備瀬崎など

コメント

 オレンジ色のようなピンク色のような鮮やかな体色、背びれは黄色っぽくなり、腹びれ、尾びれは青色で縁取られます。鮮やかで、華やかな、本当に美しい魚です。それで見て目元はなかなかのイケメン。ハナゴンべの写真集出したら売れるんじゃないかな。
 ハナゴンべはオーバーハングの下で、背中を下にして少数の群れで暮らしています。従来はゴンベ科に含まれていたが現在はハタ科のハナダイ亜科に含められており、ハナゴンベ属は本種のみの1属1種とされています。まさに唯一無二の魚です。華やかな色の魚は深い場所に居ることが多いですが、この魚は-20mから観察できるので比較的ヘルシーな部類です。

“ハナゴンべ” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です