ハタタテハゼ


ハタタテハゼ
ハタタテハゼ

名前

ハタタテハゼ
Nemateleotris magnifica

観察地

真栄田岬、なかゆくい、大度浜海岸、恩納ポイントなど

コメント 

 サンゴ礁域の礁外縁、礁斜面などの水深3~30mに生息する、比較的浅瀬にも住んでいる「ハタタテハゼ」。ハタ立っている系のハゼは深い場所に居ると思っていたので、初めて素潜りで確認した時は本当に感動しました。体色も綺麗ですし、たくさんいる割にはちゃんと撮れていない魚ですね。個人的には炎タイプの名前をあげても良かったのでは、と思ったり思わなかったり。


“ハタタテハゼ” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です