【沖縄本島中部】万座ドリームホール


  • 所   在  恩納村瀬良垣(那覇空港から1時間30分)
  • 水   深  -5m~-30m
  • 風 向 き  南東~東風
  • 透 明 度  ~20m
  • 難 易 度  中上級者
  • ト イ レ  なし
  • シャワー   なし
  • エントリー  ボート
  • 見   所  地形

ポイント情報

 恩納村は万座毛にある本島周辺人気No.1地形ポイント。ボートオンリーですが、ダイビングに慣れてきたら1度は潜りたいポイントですね。
 リーフエッジに小さな亀裂があり、そこに入ると5mから25mまでまっすぐ縦穴が続きます。縦穴は周囲が狭く、上手くバランスを取らないとタンクや機材を壁にぶつけてしまいます。縦穴の先はフラスコのような形のホールになっており、入り口から射し込む光以外は明かりがなく本当に真っ暗。ライトは必携です。頭上は地形で覆われ完全にケーブダイブになります。内部には鍾乳石もあり、昔は陸上だったことがうかがえます。内部から入り口を見ると射し込む光が幻想的で、ここも見所の一つです。縦穴、ホールと続いて、最後は横穴を通って出口に向かいます。出口までの通路は2本ありますが、どちらも狭く砂が溜まっており巻き上げないように注意が必要です。通路を抜けるとその先はあの有名な光景。真っ青なブルーのシルエットにハタンポが乱舞します。1度見ると忘れられない景色になること間違いなし!!ここでパチパチと記念撮影。場所によっては「ピ〇チュー」のような形になっています。しかしこの時点で水深は-25mほどあるので長居はできません。穴を抜けると-40mまで落ちるドロップ。潮通しが良くグルクンやカスミチョウチョウウオなど多種多様な魚が群れ、ツムブリイソマグロと言った回遊魚も現れます。もちろんイソバナもありますがドリームホールを抜けた後に行くにはダイブプランに無理があるのでほとんど行きません。-35m付近にもスミレナガハナダイが生息し、-40mで着底するとチンアナゴニシキアナゴも住んでいます。

駐車場

ボートポイントなので駐車場はショップ指定の場所になります。

注意事項

  1. ホールまでの縦穴、ホールからの通路はどちらも非常に狭いです。
  2. 内部は真っ暗です。水中ライトは必携です。
  3. 底は砂が溜まっています。巻き上げないように注意しましょう。
  4. 真っ暗なため水深の感覚が分からなくなります。ホールの出口でも-25mほどありますので長居は注意です。
  5. 出口からは-40mまで落ちるドロップです。中性浮力は必須です。
  6. 時に流れが速くなります。

水中マップ

見れる生き物

 スミレナガハナダイ、ハタンポ、アカマツカサ、スカシテンジクダイ、ハダカハオコゼ、ハナミノカサゴ、キンギョハナダイ、アカモンガラ、カスミチョウチョウウオ、グルクン、ツムブリ、イソマグロ、アオウミガメ、マダラトビエイ、ネムリブカ、ピグミーシーホース、イセエビ、オラウータンクラブ、チンアナゴ、ニシキアナゴ、各種ウミウシなど

ウミガメ情報

 ドロップを出た後では運が良ければ出会えます。少し北側の窪みで寝ているのを見たことがあります。

コメント

 私も数回潜ったことがあるポイントです。ドリームホールを楽しむのでドロップにあるイソバナや-40mの海底までは降りたことはありません。めちゃくちゃ楽しい地形があるとは分かっているのにそれを置いてまで海底に行くのは、数か月に1回しか行けない私からすると何とももったいない選択でした。しかしこうやって情報を出すのであればしっかり確認しておくべきだったと。ドリームホールではなく海底にまで行っているダイバーも見たことがあるので、案内しているショップはあるのでしょう。-40mまで降りてからドリームホールを逆走すれば両方楽しむのも不可能ではないですが、まずそんな案内の仕方はしないでしょうね。見れる生き物はチンアナゴやニシキアナゴ、ピグミーシーホースも列挙していますが、これらは私が見たものではなく目撃情報のある生き物たちです。しかし居ても全然不思議ではないので、近くに潜りに行った時は是非探しに行って情報共有していただきたいです!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です