チョウチョウコショウダイ


チョウチョウコショウダイ(幼魚)
チョウチョウコショウダイ(幼魚)

名前

チョウチョウコショウダイ
Harlequin sweetlips/Plectorhinchus chaetodonoides

観察地

奥武島、大度浜海岸、恩納ポイント、なかゆくい他

コメント

 「蝶の様に舞い、蜂の様に刺す」。浅い岩礁域、サンゴ礁に住む「チョウチョウコショウダイ」は幼魚が蝶のようにヒラヒラ舞うことから名づけられました。この舞は有毒である「ヒラムシ」を真似ているそうです。私も今回調べるまでヒラムシが有毒なんて知りませんでした。海は繋がりますね!!
 黄色味がかった灰色に黒色の斑点がつく、ヒョウ柄の色違い。これまた特徴的な魚です。背びれ、尻びれも丸みを帯びた独特な形をしています。そして何より独特なのは英名の「Harlequin sweetlips」。ハーレークイーン⁉スイートリップス⁉「Harlequin」はまだら模様の、という意味があり、バイクのハーレーのクイーンでは決してない。よくよく考えれば私が最初にパッと思い付いたのは「ハーレークイーン」ではなく「レースクイーン」である。「sweetlips」は不明であるが、確かにモチモチとした弾力のあるセクシーな唇をしているような気もする。

チョウチョウコショウダイ(幼魚)
チョウチョウコショウダイ(幼魚)

 幼魚は赤褐色の体色に白い大きな斑点。金魚のような見た目でヒラヒラする姿は可愛いそのものです。しかし常に動いている分バチッと撮るのはなかなか至難の業。動画もあっちへこっちへヒラヒラするので、なかなか難しいのです。一応動画もあったのですが、とても見せられるものではありませんでした・・・。


“チョウチョウコショウダイ” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です