コロダイ


コロダイ(成魚)
コロダイ(成魚)

名前

コロダイ
Painted sweetlips/Diagramma pictumv

観察地

奥武島、砂辺No.1、真栄田岬、ホ―シュー、恩納ポイント他

コメント

 浅い岩礁域、サンゴ礁に住む「コロダイ」は体の模様が特徴的な魚です。灰色の体色に黄色い斑点が多数あり、一見危ない魚のようにも見えますが、成魚はおいしくいただけるそうです。ただし幼魚は不味いらしい。
 コショウダイの仲間は、幼魚から成魚になるにかけて体表の模様が大きく変化します。コロダイも同じで、幼魚は黄色と黒の縞模様が特徴的ですが、体高が低いためなかなかコショウダイの仲間とは思えません。写真があれば分かりやすいのですが、申し訳ないです!!
 名前は和歌山県で呼ばれているものがそのまま和名になりました。幼魚の体の模様がコロ(和歌山県の言葉でイノシシの子供を指す)に似ていることからころ名前がつきました。

コロダイ(成魚)
コロダイ(成魚)

 奥武島ではオーバーハングの下で暮らしています。釣り人もよく見ますが、よくここまで成長してくれたものです。釣られてないと良いなあ。

コロダイ(成魚)
コロダイ(成魚)

 こちらは砂辺No.1のコロダイ。ハゼ場に行く途中の小さな根に一時いたのですが、こちらは1ヵ月ほどで居なくなりました。


“コロダイ” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です