【沖縄本島中部】トライアングルホール


トライアングルホール横から
トライアングルホール横から
  • 所   在  恩納村恩納(那覇空港から1時間30分)
  • 水   深  ~-3m
  • 風 向 き  南東
  • 透 明 度  
  • 難 易 度  上級者向け
  • ト イ レ  なし
  • シャワー   なし
  • エントリー  岩場
  • 見   所  洞窟、エアドーム
  • 陸の方向

ポイント情報

 「トライアングルホール」は沖縄本島、万座毛周辺にある水中洞窟ポイントです。本島周辺で2つあるエアドームポイントのうちの1つ(もう一方は宜名真にある「宜名真海底鍾乳洞:通称辺戸ドーム」)ですが、知名度はそこまで高くありません。完全に洞窟になっているポイントなので難易度は中上級者向けになりますが、「水中洞窟」なんていかにもそそられるワード、本島周辺でこんな大冒険が出来るなら一度は行ってみたいものですね!!
 入り口から洞窟内に入ると浮上ポイントが3つあります。それぞれ水中で繋がる部屋が3つあるイメージ。この3つの部屋を線で結ぶと三角形になることから「トライアングルホール」と呼ばれています。中には鍾乳石もあり、頭上に気を付けないとケガをしてしまうだけでなく、貴重な自然を壊してしまいます。壁から染み出る淡水が混じっているポイントでもあり、海の上とは浮力の感覚がまた違ってきます。もちろん中は真っ暗なので水中ライトは必須です。また、3つの部屋を結ぶ通路はかなり狭くなっている場所もあり、海底も砂が堆積している場所があるなど、洞窟ダイブの心得は必須です。いくら水深が浅いとは言え、パニックに陥る要因は多いポイントですので十二分に注意が必要です。ダイビングで行けばとても楽しい場所ですが、最初は必ずポイントを知っている人に案内してもらうようにしましょう。
 万座毛洞窟の隣にあるこのポイントは「ホ―シュー北」とも隣接しています。ですのでこの洞窟を楽しんだ後ホ―シュー北に回って行くなんてことも可能です。洞窟オンリーだと最大水深は-3mほどなので、そこでエアーを消費しきるのは逆に難しいと思います。

駐車場

 以前は万座毛の駐車場から車で柵の中の東屋まで入れたのですが、現在は途中で通行止めになっています。そのためウドゥイガマや恩納ポイント同様、農道の端に停めることになります。この農道も地元の方の生活道路ですので、縦列駐車で、セッティングも縦に並んで行いましょう。

注意事項

  1. 中は真っ暗です。水中ライトは必須です。
  2. 中はとても狭いです。頭上、幅に気を付けて進みましょう。
  3. 中には鍾乳石があります。
  4. 道中は時に激流になるポイントです。
  5. 釣り人も多いです。

ルート

トライアングルホールの入口
トライアングルホールの入口まで
  • ホ―シュー北エントリー口
ホ―シュー北エントリー口
ホ―シュー北エントリー口

 ホ―シュー北のエントリー口。ここから北側へ回って行きます。

  • トライアングルホール
トライアングルホール
トライアングルホール
トライアングルホールの入口
トライアングルホールの入口

 トライアングルホールの入口。この時は干潮のため一部陸地が見えます。ここよりも南側に大きな空洞があり、そちらが「万座毛洞窟」になります。

  • 万座毛洞窟
万座毛洞窟
万座毛洞窟

 万座毛洞窟の入口です。真栄田岬のある青の洞窟よりもさらに大きな洞窟になります。深さはありませんが、こちらもアドベンチャラスな体験が出来ます。

万座毛洞窟
万座毛洞窟

 万座毛洞窟の中から。青の洞窟ほど青くはなりません。

トライアングルホール横から
トライアングルホール横から
トライアングルホール上から
トライアングルホール上から

1.出入口
 唯一の出入口。ここを見失うとほかに出入口はありません。中は真っ暗ですが、外からの光で青くなっています。ここの景色も幻想的で綺麗です。

トライアングルホールの入口
トライアングルホールの入口
トライアングルホールの出入口
トライアングルホールの出入口

2.ホールA
 出入口から入って1つ目のエアドームです。ここが一番広く、ここからホールB、ホールCへとそれぞれ通じています。鍾乳石があるのはこの部屋だけです。ホール中央は土砂が堆積しており、水深は1.5mほどになっています。淡水が混じっており浮力が小さいです。

トライアングルホール
トライアングルホール
トライアングルホール
トライアングルホール

3.ホールB
 ホールAから通じる場所です。L字型に曲がった子のトンネルは比較的広いので行きやすいです。最終的には水深50cmほどの浅場に行きつきます。真っ暗の為ライトが必須です。ホールBとホールCは、直接は繋がっていません。L字型のトンネルの曲がり角には干潮時のみ現れるエアドームがあります。

 動画はホールCからホールBへ向かっているところ。35秒あたりからホールBへ突入していきます。

4.ホールC
 ホールAから通じる場所です。途中のトンネルはかなり狭くなっています。 真っ暗の為ライトが必須です。ホールBとホールCは、直接は繋がっていません。 ホールCから奥に通じそうな場所がありますが、こちらは通れません。

トライアングルホール
トライアングルホール
トライアングルホール
トライアングルホール

見れる生き物

イセエビ、ハタンポ、ウミヘビほか

ウミガメ情報

洞窟内では情報なし。

コメント

 セルフでもショップでもあまり潜られていないポイントです。しかし探せば情報は豊富にあります。私も初めて探しに行った時はWebサイトやYoutubeで場所や内部構造を検証してから行っています。
 当初は場所までは書かない予定だったのですが、最近は行く方も増えているみたいなので、より安全に楽しめるようにと思いポイントマップを書きました。と言っても中をじっくり眺めたことはないので生き物他面白い発見があれば是非教えていただきたいです!!

過去ログ集

ホ―シュー スキューバダイビング ログ169
ホ―シュー北 スキューバダイビング ログ141
ホ―シュー スキューバダイビング ログ137
ホ―シュー北 スキューバダイビング ログ115
ホ―シュー北 スキューバダイビング ログ47②
ホ―シュー北 スキューバダイビング ログ39

潜り仲間の情報

  • Hitoiki-フリーダイビング&シュノーケリング
  • 沖縄シュノーケリング by yoshinouchi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です