鳥取ダイビングログまとめ


 鳥取ダイビングのログを集めたページです。鳥取で潜るときの参考にご覧ください!!

鳥取 スキンダイビング ログ92

 GoProを持っての初ダイブ。地形とマクロの両方を楽しみました。自撮り棒で自分を撮るのはちょっぴり恥ずかしかったです。写真だけでなく、動画も使って効果的に鳥取の海を紹介していきたいと思います。

鳥取 スキンダイビング ログ91

 仕事終わりのダイブ、通称「シゴオワダイブ」。疲労感はたっぷりですが海に入ればそれも吹っ飛びます。合計30種以上の生き物を見ることができ大満足の1本となりました。モノは試しでやってみるものですね!!初見の生き物は「スベスベジョオウミノウミウシ」「コヤナギウミウシ」「サンシキウミウシ」など。

イガイトリゼ スキューバダイビング ログ191

 鳥取スキューバ2本目。見たかった「ミヤコウミウシ」登場。途中には大きなアーチもあり、そこを潜るのは冒険している気分。それ込みで懐かしさのあるダイビングでした。途中砂地を渡っていくのですがそこの景色も結構お気に入りです!!

菜種島 スキューバダイビング ログ190

 鳥取での初スキューバのログです。いつも行っている菜種島をまた違う視点から紹介しています。鳥取の地形を見たい方は是非ご一読ください!!

鳥取 スキンダイビング ログ90

 鳥取のナイトのでのがっつりっマクロ狙いダイブ。当初1時間の予定が気付けば2時間。「ヒメメリベ」や「エダウミウシ」「コソデウミウシ」など初めて見るウミウシ多数で、1ダイブで見つけたウミウシの数は今までで1番多かったです。鳥取の海のポテンシャルはめちゃくちゃ高いです!!

鳥取 スキンダイビング ログ89

 鳥取のマクロダイブ。「アオウミウシ」を見たいというバディのリクエストに応えてきました。と言っても探さなくてもそこら中にいるのですが。初出は「センヒメウミウシ」。擬態の上手なウミウシでじっくり探さないと見つかりません。

鳥取 スキンダイビング ログ88

 鳥取のジオダイブ。バディのライトが写真を演出します。ワイドで行くと決めていてもやっぱり見つけてしまうマクロな生き物。「ユビウミウシ」の名前の由来が分かりました。

鳥取 スキンダイビング ログ87

 マダイの稚魚やアカメバルの幼魚を初めてじっくり撮影。一見地味に見える魚でも撮ってみると案外カラフルであったり、面白い情報が得られたりと、ダイビングの幅が広がります。「ヒメマダラウミウシ」もとっても可愛いウミウシでした。

鳥取 スキンダイビング ログ84

 「ゴクラクミドリガイ」「ゴシキミノウミウシ」登場!!「クリイロカメガイ」はまさに”本州のクリオネ”。クリオネと合わせて紹介したい生き物です。

鳥取 スキンダイビング ログ83

 ワイドレンズを付けて海藻畑を楽しんだダイビング。沖縄ではできない海の楽しさがあります。海藻をもっと生かす写真を撮りたいな。

鳥取 スキンダイビング ログ82

 鳥取ダイビングワイドモード。いつも行くトンネルにて「チカメキントキ」を発見。凄く美味しいらしいです。海底にカメラを置いて定点カメラ風に遊んでみました。

鳥取 スキンダイビング ログ81

 完全マクロモードのダイブ。「アオウミウシ」「シロウミウシ」「サラサウミウシ」「サガミミノウミウシ」などたくさんのウミウシを発見。「ゴマフビロードウミウシ」は沖縄の個体よりも毛むくじゃらでした。「キヌバリ」にもたくさん魅了されました。

鳥取 スキンダイビング ログ80

 ドームレンズで遊んだ後マクロを楽しんだダイビング。「ナベカ」に魅了され、いろんな魚を撮ったダイビングでした。

早起き出来たので潜ってきましたin鳥取

 「熊井浜」から「龍神洞」を狙ったダイビング。片道1.5kmをひたすら泳ぎました。途中はヒヤリとする体験も。「オニカサゴの幼魚」「マンリョウウミウシ」など初めて見る生き物も登場します。

鳥取のジオダイブ

 山陰ジオパークの素晴らしい自然に触れたダイビング。トンネル内で偶然撮れた写真がお気に入りです!!

スタイル開拓!!in鳥取

GW前に「ダンゴウオ」を見に潜りに行きました。人生初のダンゴウオとアオウミウシに興奮やまぬダイビングでした!!「素潜りダンゴウオチャレンジ」皆さんもやってみませんか??

日本海ダイビング ログ1

 2021年初めての海。海況は悪かったのですが、浅場でちゃぷちゃぷ遊んできました。

鳥取県にてシュノーケリング

 沖縄を出てから初めての海。海況は微妙ですが久しぶりの海でスッキリしてきました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です