シロウミウシ


シロウミウシ
シロウミウシ

名前

シロウミウシ
Goniobranchus orientalis

観察地

鳥取県(城原海岸)

紹介

体地色は白色。外套膜周縁は黄色。背中には黒色の斑点が点在する。
触角は黄色。
二次鰓は黄色だが、軸は白色になる。

よく似た種に「ウスイロウミウシ」がいるが、外套膜の内側が

コメント

 シロウミウシも沖縄では見たことのないウミウシデです。多分い沖縄に玻いないんじゃないかな。色合いは結構個体差があるように感じます。光沢のある白色、金色に近い黄色、高級な握り寿司のような体型。この3つがそろう個体は出会えると結構嬉しいです。

シロウミウシ
シロウミウシ

 この個体は理想形にかなり近いです。金色の触角に、金色の二次鰓。黒い斑点の配置も良いですね。形はちょっと惜しいです。(城原海岸、5月、-2m、40㎜)

シロウミウシ
シロウミウシ

 こちらは黄色が薄い個体。触角はハッキリとは写っていませんが、二次鰓はかろうじて黄色の部分が残っています。透明個体は結構レアかもしれません。(城原海岸、6月、水深-1m、30㎜)

ウスイロウミウシ
ウスイロウミウシ

 よく似た種に「ウスイロウミウシ」がいます。こちらは外套膜周縁の内側が少し青くなります。また触角も下半分が透明、上半分が黄色になり見分けることが可能です。


“シロウミウシ” への2件の返信

コメントを残す