セトイロウミウシ

セトイロウミウシ
セトイロウミウシ(撮影者:沖縄太郎、奥武島)

名前

セトイロウミウシ
Goniobranchus setoensis

観察地

奥武島、レッドビーチ、ホ―シュー、真栄田岬、なかゆくい等

コメント

 体色は半透明の黄白色。外周から赤色、薄紫色のの順で色帯がある。赤色の色帯の上には白色の斑紋が入り、その内側には紫色の斑紋が入る。紫色の斑紋を赤色の色帯と白色の細線で挟んである。体の中央には縦にも白線が入るが二次鰓手前でアルファベットの「Y」のように二手に分かれる。触角は軸が白色で、それを囲むように半透明のヒダがある。二次鰓は半透明ので白色の斑紋が入る。「ニヨリエイセトイロウミウシ」「センテンイロウミウシ」「ニヨリセンテンイロウミウシ」がこっちゃになるのは私だけではないはず。

“セトイロウミウシ” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です