第1回 セルフダイビング

セルフダイビング
セルフダイビング

はいさい、沖縄太郎です。

突然ですが、皆さん「セルフダイビング」ってご存じですか??

「セルフ」は「自分、自信、自己」といった意味がありますね。直訳するとセルフダイビングというのは自分で潜るということ。もちろんガイドさんは無しです。

もう少し付け足すと、自分のスキルに見合った範囲で自分の好きなようにダイビングをする、それが「セルフダイビング」なのです。

今回からはそんな「セルフダイビング」についていろいろ書いていきますね。
(以降は2人組でのバディダイブを前提に話を進めます。)

誰でもできる?セルフダイビング

セルフダイビングは難しいという印象を持っている方は多いと思います。

そしてそれは正しいです。セルフダイビングは「自分のことは自分でする」が基本ですから、今までガイドさんにしてもらっていたことを全て自分でしないといけません。

潜水計画、器材脱着、水深、残圧、窒素、ルートなど、もっとももっと細かいところまでさまざまな要素が組み合わさって1本のダイビングになります。

そんなにできないよ・・・と考えれば考えるほど難しく思えてきますが、実際にセルフに行っている人が、1本のダイビングをするためにそこまで準備をして深く考えているかと言われればそうではありません。

もちろん最初はこれらのことを考えて、何度もシミュレーションするのが望ましいですが、何度かセルフに行って慣れてくるとだんだんと効率化されていきます。

ルートや水深は何度か行けば覚えてきますし、残圧の減り具合も分かってきます。器材脱着も慣れればスピーディーに出来ます。

ここで勘違いしてほしくないのは、これらはあくまで効率化されたのであって、一部を完全に省くわけではありません。どれもダイビングの大事な一部で省くことは決してありません。

いかがでしたか、セルフダイビングに対する印象は変わったでしょうか。私たちセルフダイバーは何も難しいことはしていません。自分のスキルの範囲でダイビングを楽しんでいるだけです。やっぱり難しいや・・・。と思われた方も、セルフダイビングについて調べてこのページを読む意識の方であれば問題ないと思います。せっかくセルフについて調べているのですからできることから初めて見ましょう!!以降は3回に分けてセルフダイビングについて書いていきます。セルフダイビングの入門として読んでいただけると嬉しいです。

セルフダイビング
セルフダイビング

“第1回 セルフダイビング” への3件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です