シロオビハゼ

シロオビハゼ
シロオビハゼ

名前

シロオビハゼ
Cryptocentrus albidorsus

観察地

大度浜海岸、恩納ポイント、砂辺、真栄田岬など

コメント

 サンゴ礁域の浅場の穴にテッポウエビの仲間と共生する「シロオビハゼ」は、頭から背中にかけてはしる1本の白線が特徴です。初めて見た時は「オドリハゼ」だと思って喜んで撮っていたのですが、よくよく見ると顔かたちが全く違いました。いろいろ調べた結果私が嬉々として撮っていたのは別の生き物だったと・・・。オドリハゼは陰しか見たことがないのでいつか見てみたいなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です