【沖縄本島南部】大度浜海岸(プール)

大度プール 水中マップ
大度プール 水中マップ
  • 所   在 糸満市大度(那覇空港から30分)
  • 水   深 5~25m
  • 風 向 き 北西~北 
  • 透 明 度 10~20m
  • 難 易 度 中上級者から
  • ト イ レ 有り(有料)
  • シャワー  有り(有料)
  • エントリー ビーチ
  • 見   所 地形(アーチ、ドロップ、クレバス)
  • 陸の方向  355~360度

ポイント情報

 那覇空港から車で30分。糸満市大度にある「大度浜海岸」はジョン万次郎が上陸したことから「ジョン万次郎ビーチ(ジョン万ビーチ)」とも呼ばれ、夏には観光客であふれる人気スポットです。初夏にはウミガメが産卵に訪れる場所でもあり、今なおありのままの自然が残った場所です。この大度浜海岸には大きく分けて3つのポイントがあります。その中でも一番ルートが確立できているポイントが「大度プール」です。リーフの中にあるプールからトンネルを抜け、水路の間を泳ぐ地形は、本島のビーチエントリーポイントでもトップクラスに面白いです。しかし、海況を正確に読まないと簡単に痛い目に会います。特に遠くから見ると大したことのないように見える波でも、いざ近くに行くとかなりの大きさになります。またこのポイントは波が立っている時は普段とは違った流れも発生します。サーファーも多いポイントですから、知っておいた方が良いことがたくさん。このポイントの見所と役に立つであろう情報を併せてお届けします。なお水中マップはスキューバ用に主な地形しか書いていません。水面から見るともっと地形に起伏があり、水深によっては水中マップ通りにはなっていないのでご注意ください。

駐車場

大度浜海岸の駐車場
大度浜海岸の駐車場

 駐車場は大度浜海岸のすぐそばに2つあります。1つは25台ほど駐車できる無料の駐車場で、もう1つは有料で1回300円必要です。夏は観光客でほぼ満車になります。また満潮の時間帯はサーファーも集まるので、無料駐車場は季節を問わず満車になります。

注意事項

  1. リーフの外はたいてい波が立っています。ベタなコンディションの時はほぼないと思ってください。
  2. プールの周りが荒れていると不規則な流れになっています。
  3. 似たような地形が並ぶので迷子にならないようにナビゲーションはしっかりしましょう。
  4. エントリーまで足場は悪いです。砂地では足をとられ、岩場ではコケが滑り、サンゴ礁はトゲトゲしています。
  5. 満潮前後2時間はサーファーも集まります。
  6. 干潮になると水路付近で釣りをする人もいます。釣られないように注意しましょう。

ルート案

大度プール 水中マップ ルート案
大度プール 水中マップ ルート案
  1. 第3プールで潜降。東側のトンネルから外へ出ていきます。入り口となる穴の場所は約-10mにあり、かなり分かりにくいです。人が1人通れる狭い場所を抜けると天窓から光が差し込み、ハタンポが乱舞しています。
  2. トンネルを抜けると広場①に出ます。ここも見渡す限り壁に囲まれています。しかし沖へ進んでいくと次は狭いクレバスに入ります。クレバス自体は1本道になっており、クレバスを抜けた先には・・・。
  3. ここは私のお気に入りの場所です。クレバスを抜けて広がる円状の白い砂地の広場②は何か神聖な場所のように思えます。今まで狭い場所を通ってきたので解放感たっぷりです。
  4. 東側の壁沿いに泳いでいくと、先ほどではありませんが、狭いクレバスが現れます。ここを通り抜けると、またしても開けた場所に到達します。
  5. 最初のクレバスの先が白い砂地だったのに対し、ここは粗目の丸い石がゴロゴロしています。ここまでがリーフの中で、ここからはリーフの外に出ます。外側にもいくつか楽しい地形はありますが、最初はこの辺りで引き返すのがベストでしょう。この時点では水深も約-20mでヘルシーです。
  6. もと来たルートを戻り、広場②へ。2で通ったクレバスの隣にもう一つクレバスがあります。徐々に水深を上げてゆき、-10mぐらいでいると迷うことなく通れると思います。もちろん最初に通ったクレバスを通ることも出来ます。
  7. 最後はトンネルを通って第3プールへ。最初に通ったものよりも西側にあります。こちらのトンネルは太陽が出ていると、1点集中で光が差し込み、最初のトンネルとはまた違った見所があります。たまにヒレナガカンパチも泳いでいます。そして最後に第3プールで安全停止。浮上してから陸までの距離は長いですが、頑張って泳いでください。

見れる生き物

 ブッシュドノエルウミウシ、オニヒラアジ、ネムリブカ、アオウミガメ、ハタンポの群れ、ハナゴイの群れ、アオギハゼなど

ウミガメ情報

 ウミガメは地形ゾーンでは見ることはほとんどありません。折り返し地点の開けている場所で1度だけ見たことがあります。ここから水路側に泳いでいくと遭遇確率も上がります。

コメント

 大度浜海岸は私が好きなポイントとしても上位に入ります。特にこの大度プールに関してはルートが完成しています。最初から最後まで水深を無理することなく、地形を堪能できます。生き物こそ少ないですが、地形は群を抜いて楽しいです。
 さてこの大度プール、基本線はルート案の通りに行けば良いわけですが、エアに余裕がありそうなときはもう少し沖の地形も楽しめます。ルート案では一番深い場所で-20mですが、沖の岩場のアーチを潜ったり、クレバスを抜けたりするには-25mまで落とす必要があります。と言っても私が知っている地形というのもほんの、ほんの極一部です。地形は探せば探すほど奥が深いですから、いろいろ泳いでみて是非オリジナルの見所を見つけてください。そしてとても楽しい場所があれば是非私も案内してください!!
 (p.s.本当は、このプールに関してはあまり情報を出したくなかったのは内緒です。)

過去ログ集

大度プール スキューバダイビング ログ153
大度浜海岸 スキューバダイビング ログ134 
大度浜海岸 スキューバダイビング ログ133
大度浜海岸 スキューバダイビング ログ129
大度浜海岸 スキューバダイビング ログ86

“【沖縄本島南部】大度浜海岸(プール)” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です