ハマクマノミ

ハマクマノミ
ハマクマノミ(撮影者:沖縄太郎、ケーブソレイユ、-4m)

名前

ハマクマノミ
Amphiprion frenatus/Tomato anemonefish

観察地

砂辺浄水場、砂辺No.2、大度浜海岸、水釜コーナー、真栄田岬

住むイソギンチャク

タマイタダキイソギンチャク

コメント

 クマノミの中でも大きくなる種。頭に1本の白線があることからほかのクマノミと見分けることが出来ます。幼魚の時は2本~3本線がある個体もいますが、成長とともに1本に減ってゆきます。途中消えかけの個体を見てみたいです。体色はオレンジ色の個体が多いですが、大型のメスは体色が黒くなっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です